表参道の予防歯科で再石灰化促進の指導を受ける

毎日歯磨きをしているのに虫歯ができてしまう、というお悩みを持つ方が少なくありません。
表参道の予防歯科では、そういった方に虫歯ができるメカニズムを丁寧に解説してその仕組みに沿った予防指導をしています。

虫歯は、口の中の細菌による感染症の一種です。

特定の細菌が食事で口に入る糖分を使って生成する酸が歯の表面を溶かしてしまうのが虫歯です。


虫歯の原因の細菌はいつも口の中にいるので、食べたり飲んだりするとその都度酸が作られて歯の表面が溶け出しています。



この現象を脱灰といい、脱灰が続くと虫歯が進んでしまいますが食後に唾液の働きで酸が薄まり、また唾液に含まれるカルシウムなどのミネラル分が歯の表面に戻って修復されます。

この修復作用は再石灰化と呼ばれます。

様々なgoo ニュースの人気度が上昇しています。

食事をして脱灰が起きても、再石灰化がしっかり行われれば虫歯は進まないということです。表参道の予防歯科では、脱灰と再石灰化のメカニズムに基づいた予防指導をしています。細菌が存在して糖分があると脱灰が起きますので、食事をしたら糖分をできるだけとりのぞくために丁寧に歯磨きをすることが第一です。


また歯磨きでは、細菌のコロニーであるプラークもできるだけ落として口の中の細菌を減らすイメージです。

そして、再石灰化は食後に何時間かかけて行われますのでその間飲食を控えて新たに脱灰がおきないようにすることもポイントです。

また表参道の予防歯科では、フッ素入り歯磨きやフッ素洗口、歯科医院での定期的なフッ素塗布を勧めています。フッ素には、歯の表面を酸に強い構造に作りかえる作用の他、再石灰化を促進する働きもあります。