唾液検査が受けられる表参道の予防歯科

日本では歯医者さんと言えば治療が必要になった時に受診するクリニックですが、歯科医療の先進国とよばれる欧米では予防のために通う歯医者さんが主流です。

日本でも虫歯や歯周病を未然に防ぎたいと考える方が急増中で、表参道の予防歯科には多くの方が相談に来院していますが、特に子供の虫歯を予防したいというお母さんからの相談が多くなっています。


子供の歯、乳歯や生え変わり途中の永久歯は表面が軟らかく虫歯になりやすい条件がそろっています。



表参道の予防歯科では、この時期の虫歯予防指導を特に大切にしています。
ここで、虫歯は細菌が原因の感染症です。
口の中に虫歯菌がいると、食べ物や飲み物の糖分を栄養として使い酸を生成します。

歯の表面は酸にはとても弱く、この虫歯菌が作る酸で溶けてしまうのが虫歯です。

ビジネスジャーナル情報といえばこちらです。

虫歯の細菌は常に口の中にいるので、一度虫歯の治療が終わっても細菌対策をしないとまた虫歯になってしまいます。



表参道の予防歯科では、虫歯の細菌対策をベースとした子供の虫歯予防指導をしています。

そのための検査のひとつに、唾液検査があります。唾液検査のサリバテストでは、ガム状のものを一定時間噛んで唾液を採取してその唾液に含まれる細菌の数や種類を検査します。唾液の中の細菌は種類も数も膨大で、一定のバランスで棲み分けをしています。虫歯菌や歯周病菌のような悪玉菌ばかりではなく乳酸菌のような善玉菌も存在し、どちらが優勢かで病気にかかるリスクが変わってきます。
表参道の予防歯科では、唾液検査の結果で虫歯のリスクをはかり定期検診の間隔を決めたり食生活の指導をしています。