表参道の歯周病治療ならお任せ下さい

歯周病は日本人の多くの国民に浸透してきている、お口の病です。

症状の濃淡はあるが、国民病とも言われ、その対策が急務となってきています。



歯槽膿漏とも呼ばれ、この病は自覚症状があまりなく、ある日突然歯が抜け落ちるという恐ろしい病気です。歯が疼くようなこともあるが多くは痛み等はなく、歯茎がやせてきたり歯が長くなったように見えてくるものです。

これは歯肉が痩せて来て歯を支える歯槽骨が少しずつ、吸収されて、やがて歯を支えきれず歯が抜けるというメカニズムなのです。

表参道の歯科医院では、歯周病の治療を最先端の技術で行なっています。
初診ではお口の中を、良く調べ、悪いところは徹底的に治していき、人間の持つ自然治癒力も活用します。歯周病は患者と歯科医師が協力しないと治癒しません。

患者の生活習慣の改善も治療に対して大きな要素となっております。


表参道の歯科医院では虫歯は全て治療して、お口のクリーニングもすみずみまで行ないます。


歯石が堆積した部位は専門の道具を使い除去します。これにより歯茎が引き締まり血行も良くなります。

様々な分野の@niftyニュースを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

生活習慣の改善はタバコやお酒を減らしていくよう指導します。



また歯科衛生士によるブラッシング指導も行ない、磨いた後に、歯垢を染めだして、どこに磨き残しが多いのかをチェックして、歯磨きの改善につなげます。


表参道の歯科医院では歯周病で歯を失う人が一人でも減るよう日夜、努力奮闘しています。

お口の健康から質の良い生活を心がけましょう。